寺院数No.1 あいち寺フェス「BuddhaGIRI」ブッダが斬る新時代

ブッダの教えを知ろう

「ウェルビーイング
よりよく生きるために」

トークセッション

松本紹圭氏(僧侶・未来の住職塾塾長)×
稲葉俊郎氏(東大病院医師)

東大卒MBAを取得し“仏教界の起業家”ともいわれる「未来の住職塾」塾長松本紹圭氏と、医学から芸術まで心と身体をテーマに幅広く活動する東大病院医師稲葉俊郎氏によるトークセッション。型や枠にとらわれず活躍するお二人が、よりよく生きるとはどういうことなのか、今を生きる私たちに何が必要なのかを語ります。

日時/3月28日(土) 16:00~18:00(開場15:30)
会場/西別院本堂 定員/200人(席指定なし)
参加費/無料

プロフィール

松本紹圭

松本紹圭

1979年北海道生まれ。東京神谷町・光明寺僧侶。未来の住職塾塾長。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader、Global Future Council Member。武蔵野大学客員准教授。東京大学文学部哲学科卒。2010年、ロータリー財団国際親善奨学生としてインド商科大学院(ISB)でMBA取得。2012年、住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」を開講し、7年間で600名以上の宗派や地域を超えた若手僧侶の卒業生を輩出。『こころを磨くSOJIの習慣』(ディスカバートゥエンティワン)他、著書多数。お寺の朝掃除の会「Temple Morning」の情報はツイッター(@shoukeim)にて。

稲葉俊郎

稲葉俊郎

1979年熊本生まれ。医師、東京大学医学部付属病院循環器内科助教。医学博士。2020年4月より軽井沢病院総合診療科医長。信州大学社会基盤研究所特任准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東北芸術工科大学客員教授を兼任(山形ビエンナーレ2020 芸術監督 就任)。在宅医療、山岳医療にも従事。未来の医療と社会の創発のため、あらゆる分野との接点を探る対話を積極的に行っている。単著『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)、『からだとこころの健康学』(NHK出版)など。HP:https://www.toshiroinaba.com/

ホームページTOPへ