寺院数No.1 あいち寺フェス「BuddhaGIRI」ブッダが斬る新時代

ブッダの教えを知ろう

タイの最恐スポット
地獄寺の魅力

トークイベント

想像を超えた世界、
「地獄」ワールドをのぞいてみよう。

タイに実在する地獄寺から、地獄とは何かを考えます。仏教の国、タイ。そこには、「地獄寺」と呼ばれる、コンクリート像で地獄の世界を表現したお寺が数多く存在します。地獄寺に魅せられ研究を続ける椋橋彩香さんが、地獄寺の魅力や仏教表現についてレクチャー。さらに、三河すーぱー絵解き座が、「地獄絵」をおもしろくもありがた〜く解説します。時空を超えた地獄めぐりへ、いざ!

日時/3月29日(日)11:00~13:00(開場10:45) 
会場/西別院会議室
出演/椋橋彩香(早稲田大学大学院文学研究科、「タイの地獄寺」刊行)、桝田英伸(三河すーぱー絵解き座)
定員/30人(席指定なし) 参加費/2,000円(Pコード644-753

プロフィール

椋橋 彩香

椋橋 彩香

1993年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科にて美術史学を専攻、現代タイにおける仏教表現を研究テーマとする。2016年修士課程修了。現在、同研究科博士後期課程在籍。現代になり新出した立体表現「地獄寺」に着目し、フィールドワークをもとに研究を進めている。著書に『タイの地獄寺』(青弓社)。

三河すーぱー絵解き座 桝田 英伸

三河すーぱー絵解き座 
桝田 英伸

1973年大阪生まれ。浄土宗鎮西白旗派(知恩院派)僧侶 三河国・貞照院所属。現在、名古屋・八事山興正寺(真言宗)に職員、また客僧として所属。2007年より三河すーぱー絵解き座に所属。著書に『絵本極楽』(2009・西川隆範と共著)、『師、威厳あって温厚なり ~法然院の忍澂上人のはなし』(2010)。(共に風濤社刊)

ホームページTOPへ